アッテム都 ザオリ区 くさりが町 3丁目
Counter


Calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

A word

ご意見、ご感想は
メールフォーム
ブログ拍手から
お受けしております。

スパムコメントが多いので
「http://」を容認するのをやめます。
お手数ですがURLは「ttp://」で
貼り付けてくださいませ。
宜しくお願いいたします。

New Article


New Comment


Category


Read

あわせて読みたいブログパーツ

▲pagetop

Topics

賛美歌の千とんで十三番 様
S-1013

ショートニング 様
「絵心のない管理人に手を貸す企画」

Profile

ごじゅうに

Author:ごじゅうに

妄想:現実=8:2の黄金比。

コメントや拍手があると喜びます。
拍手コメントは「お礼画面」で
お返事します。2箇所はしんどい・・・

そしてリンクフリーです。

自己紹介的なものを書いたのですが、
需要は皆無でした。


Link


Archives


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告







やめます


ヤツはある女に惚れていた。
いつも事ある毎に『彼女のイチバンボシになるんだ』と言っていた。

久しぶりにヤツから電話があった。
『俺・・・彼女のイチバンボシになれそうだ・・・』
心なしか元気のない声だったが、私は良かったなと言ってやった。

数日後、友人に裁判の傍聴に誘われた。

なんでも、新人の女検事が事件を担当しているらしい。
まったく、物好きな友人である。

傍聴席でボケっとしながら待っていると、
被告人が証言台に呼び出された。
私は驚いた。ヤツが証言台に立っているのだから。

ヤツの電話での話がリフレインされる。
『俺・・・彼女のイチバンボシになれそうだ・・・』
友人の話していた女検事を見る。

ヤツが惚れた女だった。
イチバンボシのホシって、そっちのホシでいいのか。


そして私はこんなブログを続けててもいいのだろうか。
と、言う訳で明日ブログはやめます。

※このブログは妄想で成り立っております。ようするに、フィクションです。


>拍手返信

『タイトルの部分の言葉、僕への警告だったんですね…。
 すみません。さっき僕のブログのリンク修正しました。
 今から某華道の先生の所で陳謝を表す花のいけ方を習ってきます。orz』

こちらこそ、回りくどくて申し訳ございませんでした。
モヤシっ子なので、接近戦は得意ではないもので・・・






2009⁄05⁄25 15:55 カテゴリー:過去の遺物。 comment(0) trackback(0)











コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 そのうちやめます。. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。